妊娠前 予防接種を受けよう

妊娠中に風疹などにかかると奇形児になる可能性が高いとされています。
特に妊娠初期である4週から16週は危険です。ここで注意しないといけ
ないのは昭和54年から62年生まれの妊婦さんです。風疹の予防接種を
うけていない可能性が高いからです。

妊娠前 予防接種を受けていない方は抗体検査をきちんとしましょう。
人から感染する可能性もあるので人ごみなどを避けて病気にかからない
ようにするのが大事です。赤ちゃんのことを考えれば妊娠初期に風疹に
かかることはよくありません。妊娠中は薬を飲めませんし、母親に何か
あるとすぐに胎児に影響します。それだけ注意が必要な時期なのです。

病院できちんとこれらを確かめて対策を練りましょう。風疹にかかって
しまってから後悔しても遅いのです。元気な赤ちゃんを授かるためにも
自分の体のことは把握しておきたいところ。普段から健康には注意して
強い体を作るように食事や生活習慣なども見直していきましょう。早目の
対策が必要です。

コメントを残す